イベント情報

3月3日(土) 雛流し

雛流し

日時:3月3日(土)12:00~

女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる淡嶋神社

雛流しは、全国各地から奉納された雛人形と

願い事を書いた形代を3隻の白木の小舟に乗せて、

宮司のお祓いののち、海に流す神事です。

現世の穢や災厄を撫物である人形に祈りをこめ、流し送ります。

※当日、車での参拝はご遠慮ください。

場所:淡嶋神社

 交通:南海加太線「加太駅」下車 徒歩約15分

 お問い合わせ:淡嶋神社 073-459-0043

2月17日(土) JR和歌山駅前手づくり市場

JR和歌山駅前手づくり市場

日時:2月17日(土) 10:00~16:00

スペース

オリジナル雑貨やこだわりの手づくり品、アート作品など、

毎回約50ブースのハンドメイドショップが集結し、

休日の和歌山駅前を楽しい空間に演出していますhappy01.gif

出店者も常時募集中です!

※ 詳しくはHP参照


場所:JR和歌山駅前 けやき大通り歩道

交通:JR和歌山駅下車すぐ

または

南海和歌山市駅からバス「JR和歌山駅」下車すぐ

お問い合わせ:イベントファクトリー杉谷 073-421-3655

2月17日(土) 第12回植樹祭

第12回 植樹祭

 日時:2月17日(土) 

「日本一のアジサイ園を目指そう」という目標のもと、恒例の植樹祭で、加太小学校の児童たちや

 ボランティアの方々がアジサイの苗を植えます✿(詳細未定)

場所:加太森林公園

 交通:南海加太線「加太駅」下車 徒歩約30分

 お問い合わせ:加太観光協会 073-459-0003

2月11日(日) 高津子山を桜の山に

高津子山を桜の山に

スペース

日時:2月11日(日) 9:30~15:00

スペース

※小雨決行・雨天中止

スペース

高津子山を桜の山に

スペース

「高津子山を桜の山に」をスローガンに、山の整備と清掃を行います。 

※ご協力いただけるボランティアの方を募っています! 

わずかな時間参加でも大歓迎!(^o^)

軽食が用意されます(要事前連絡)、詳しくはお問い合わせをお願いします。

交通:JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「新和歌遊園」下車 徒歩約20分ース

集合場所:新和歌浦元ロープーウェイ発着所

 

お問い合わせ:和歌の浦万葉薪能の会 090-1967-3084

2月11日(日) ポポロハスマーケット

ポポロハスマーケット

スペース

日時:2月11日(日) 11:00~16:00

スペー

ススポポロハスマーケット3ペース

”ポポロハスマーケット”は”てづくり”と”ロハス”をテーマにした

マルシェイベントですhappy01.gif

「てづくり」や「ロハス」にこだわった商品及び地産地消の野菜、食品等が出展されます。

アーケード内ですので、天候の心配無しhappy01.gif

出店者・ボランティアスタッフ・ステージ出演者の募集もしています。

スペース

予約:開催側(出店・出演ほか)は必要

スペース

詳しくはHP参照 ※毎月第2日曜日開催

場所:ぶらくり丁商店街

交通:JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス

「本町2丁目」または「ブラクリ丁」下車 徒歩約1分

お問い合わせ:ポポロハスマーケット実行委員会事務局 073-428-2688

2月8日(木) 針供養

針供養

日時:2月8日(木) 11:00~

スペース

ご祭神である少彦名命が裁縫の道を

初めて教えたといわれることから始まった神事です。

1年の間に納められた針の労をねぎらい、

今後の上達を祈るお祭りです。


場所:淡嶋神社

http://www.wakayamakanko.com/seeing/history9.html

交通:南海加太線「加太駅」下車 徒歩約15分

お問い合わせ:淡嶋神社 073-459-0043

2月3日(土) 節分祭・お焚き上げ祭(古神札焼納祭)

お焚き上げ祭(古神札焼納祭)

日時:2月3日(金)

節分祭 9:00~

古神札焼納祭 17:00~

スペース

古神札焼納祭とは小正月に行われる「火祭り」のことでお札やお守り、

そして正月飾りなどを集めて神聖な火を以て焼納する神事です。

日前神宮・國懸神宮では節分の日に行います。

この祭は各地で「どんと」「とんど」「どんどん焼き」とも呼ばれています。

場所:日前神宮・國懸神宮

http://www.wakayamakanko.com/sightseeing/

交通:和歌山電鐵貴志川線「日前宮駅」下車すぐ

お問い合わせ:日前神宮・國懸神宮 073-471-3730

2月3日(土) 節分(和歌浦天満宮)

節分

日時:2月3日(土) 19:00~

 

 節分祭 豆まき神事は、まいた豆に番号があれば、

振る舞い物がもらえます。多くの人々が神の前で、

夢中になって豆を追いかけます。

また、年男・年女・干支生まれの人は社務所に申し込むことで

袴・巫女装束を着て参加することができます。

場所:和歌浦天満宮

交通:JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「権現前」下車 徒歩約5分 

お問い合わせ:和歌浦天満宮 073-444-4769

2月3日(土) 節分(紀三井寺)

節分

日時:2月3日(土) 16:00~

 節分(紀三井寺)2

本堂では早朝より厄除、家内安全などの祈祷が厳修されます。

午後4時から本堂にて「鬼やらい・追儺(ついな)式」がはじまり、

年男が福男として豆まきを行います。

その後境内の特設ステージでは豆と共に様々な景品が

福男たちの手でまかれる「福つき大豆まき」が行われ、

今年の福をつかもうとする大勢の人でにぎわいます。

場所:紀三井寺 

交通:JRきのくに線「紀三井寺駅」下車 徒歩約10分

または

JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「紀三井寺」下車 徒歩約10分

 

 

お問い合わせ:紀三井寺 073-444-1002

2月3日(土) 加太の昼市

fish.gif加太の昼市fish.gif


日時:日(土)

 

11:00~売り切れ次第終了

加太昼市1

※毎月第1土曜日開催(1月は開催なし)


スペース

プレミア和歌山認定の「加太のマダイ」が水揚げされる加太港。

生簀で泳ぐ魚を必要に応じて、その場で捌いてくれますhappy01.gif

加太の豊富な海の幸を鮮度・味ともに最高の状態で持ち帰れます。


場所:加太大波止近く

交通:南海加太線「加太駅」下車 徒歩約15分

お問い合わせ:加太鮮魚 073-459-1268

または

加太漁業協同組合 073-459-0062

1月28日(日)~2月3日(土)第5回わかやま名所・旧跡絵画展

第5回わかやま名所・旧跡絵画展

1月28日(日)~2月3日(土)

※1月29日(月)は休館日

9時30分~17時

(ただし1月28日のみ、10時からのオープニングセレモニー終了後~)

 

和歌山の美術文化の振興を図るだけでなく、

歴史や文化を身近に感じ慣れ親しんでもらうことを目的に、

和歌山市の名所や旧跡をテーマにした絵画を募集し、

審査後、応募作品を展示した展覧会を開催します。

 

【開催地】和歌山市民会館 市民ホール・展示室

南海和歌山市駅より南西 (正面出口を出て右) へ徒歩5分

 

わかやま名所・旧跡絵画展実行委員会

☎073-436-3580

1月25日(木) 初天神

初天神

日時:1月25日(木)10:00~16:00


スペース

学問の神様・菅原道真をまつる天満宮の新年初縁日行事

「初天神」が行われます。

この日は学問の神様にちなみ、学業成就を祈願する

県内外の多くの人で賑わいます。

参拝者には抹茶が無料で振る舞われますhappy01.gif

大茶椀に入った抹茶「大福茶」を抱えるようにしながら飲み、

春の福に期待をかけます。


場所:和歌浦天満宮

http://www.wakayamakanko.com/sightseeing/

交通:JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「権現前」下車 徒歩約5分

お問い合わせ:和歌浦天満宮 073-444-4769

1月18日(木) 初観音

初観音

日時:1月18日(木)13:00~

 

 1年で最初の観音様ご縁日。午後1時より本堂で「大般若経転読会」が厳修され、僧侶方により次々と経本が転読されます。信徒には、法令後1年の無事息災を祈って経本加持が施されます。

場所:紀三井寺 

交通:JRきのくに線「紀三井寺駅」下車 徒歩約10分

または

JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「紀三井寺」下車 徒歩約10分

お問い合わせ:紀三井寺 073-444-1002

1月17日(水)~3月31日(土)名草まほろば絵画展

名草まほろば絵画展

1月17日(水)~3月31日(土)

9時~17時(入館は16時30分まで)

入館無料

 

洋画家:土井久幸氏有志による絵画展

美しい「名草」の情景を想い、

それぞれが自分の感じる「美」を表現しました。

【開催地・お問い合わせ先】

片男波公園 万葉館

JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「不老橋」下車 徒歩約10分

☎073-446-5553

1月14日(日)~15日(月) 卯杖祭(うづえのまつり)

卯杖祭

日時:1月14日(日)20時~粥占神事

15日(月)10:00本殿祭

卯杖で邪気を祓うと伝えられる厄除の祭典です。

14日夜には小豆粥を炊き、その中に竹筒を沈めて、 

中に入った粥の量で、稲や農作物の豊凶を占います。

 この小豆粥は15日の祭典後に振舞われ、

 これを頂くと魔除けになり、無病息災になるといわれています。

場所:伊太祁曽神社

交通:わかやま電鐵貴志川線「伊太祈曽駅」下車 徒歩約5分

 

お問い合わせ:伊太祁曽神社 073-478-0006

ページのトップへ戻る

全国中小企業団体中央会から組合等Web構築支援事業の補助金をいただいて作成しております

コンテンツメニュー