イベント情報

「未分類」の記事一覧

紀三井寺龍宮乙姫伝説再現行脚の儀 四代目 龍宮乙姫オーディション

紀三井寺龍宮乙姫伝説再現行脚の儀
四代目
龍宮乙姫オーディション
1/12より受付スタート!!
ーーーーーーーーーーーー
第4回
龍宮乙姫龍灯献上行脚
オーディション募集要項
2023年8月9日(水)の千日詣の最後を飾る『龍宮乙姫龍灯献上行脚」の伝説再現パレードの儀を行うにあたって龍宮乙姫役を公募いたします。
◆募集期間
2023年1月12日~4月27日 必着
※1次審査の結果は5月1日までにお知らせいたします。
◆応募資格
・性別 女性
・年齢 15才(高校生以上)~25才※和歌山県内在住の方
・未成年者の方は保護者の同意が必要です。
・リハーサルを含む計6回程度のレッスンに参加できる方。
(レッスン日は合格された方と日程調整します)
・当日スケジュール10時~21時予定(ヘアメイク、着付け、リハーサル含む)
※内容・時間等の詳細は追ってお知らせします。
◆選考方法
・1次審査/書類審査
・2次審査(オーディション)/面接、実技(得意なことを披露)
2023年5月14日(日)午後から和歌山市内にて行います。
※時間、会場などの詳細は、1次審査通過の方にお知らせいたします。
◆応募方法
送付先
参加申込書にご記入の上、写真(加工していないもの・表情がよくわかるもの)を添えて下記までお送りください。
事務局
〒640-8155
和歌山市九番丁4-1 ラウムズ和歌山九番丁1階
紀三井寺・龍宮乙姫伝説実行委員会(七色社内)宛て
☎︎073-488-4877
otohimedensetsu.8.9@gmail.com
WEBからでも応募できます

 

2023/3/29(水)宮本静!和歌山城・天守で桜花に歌う!with検校たかお

アート作品の募集について【アートで結ぶ和歌山市】

和歌山市内の主要な観光地にアート作品を設置し、新たな観光資源創出を目指す『アートで結ぶ和歌山市』。

令和4年度は、和歌山市加太での実施いたします。

加太エリアは、紀淡海峡に面し美しい海岸線があり、海釣り・サーフィン・海水浴などのマリンレジャー、雛流しや針供養で有名な淡嶋神社、非日常的な雰囲気が楽しめる友ヶ島、日本遺産にも認定された「修験道はじまりの地」などが人気の観光地です。

今回、加太エリア内3か所に制作するアート作品を公募いたします。

詳細は下記の公募要項・仕様書をご覧ください。

 

◆公募要項・仕様書

公募要項

仕様書

 

◆募集場所

1 国際交流センター階段                          <Google Maps> 

 

2 森林公園A                                <Google Maps> 

 

3 森林公園B                               <Google Maps> 

 

◆応募資格
(1)募集内容に記載の当事業の趣旨を理解していること。
(2)和歌山市観光協会及び設置場所の所有者・管理者と和歌山市内で打ち合わせを行い、令和5年3月15日までに作品を指定の場所に制作できる個人または団体であること。
(3)応募者が未成年の場合、必ず親権者が当公募要項を確認のうえ応募に同意すること。

 

◆募集期間
令和5年1月18日(水)~令和5年1月31日(火)17時必着

 

※その他の条件・応募方法については上記の公募要項及び仕様書に記載がございます。
応募にあたっては必ずご一読ください。

 

『アートで結ぶ和歌山市』特設ページ
https://www.wakayamakanko.com/topics/?p=9059

実施期間】2023年1月6日(金)~3月31日(金)和歌山市温泉協議会×JAF ぽかぽか温泉めぐりアプリクーポン(8施設)

和歌山市温泉協議会×JAF ぽかぽか温泉めぐりアプリクーポン(8施設)

~温泉湧いてます。えぇ塩梅に沸いてます~
和歌山市には温泉施設がたくさんあることをご存じですか?今回は和歌山市の隠れた魅力である温泉にスポットを当ててご紹介します♪和歌山市温泉協議会に加盟している8施設で使えるお得なクーポンも配信!温泉に浸かってさむ~い冬も元気に乗り切ろう!!

【実施期間】2023年1月6日(金)~3月31日(金)

詳しくは、わスパの画像をクリック!

撮っておきわかのうら2022フォトコンテストを開催します!

撮っておきわかのうら2022フォトコンテストを開催します!

和歌の浦日本遺産活用推進協議会(以下「協議会」という。)では、日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」の構成エリア及び周辺地域の魅力を広く発信するために、Instagramでのフォトコンテストを実施します。
応募期間内に投稿いただいた写真の中から、入賞作品を選定し、入賞者には地域特産品をプレゼントします。
美しい情景が和歌に詠い継がれ、時代を越えて今もなお人々を魅了し続ける和歌の浦の“撮っておき”の1枚を募集します。
ぜひご投稿ください!

詳しくは下のバナーをクリック!

12月8日 ニットが好きすぎる人のための「和歌山大莫小」産地ツアー

 

和歌山大莫小の全体プロデュースを行なっているBegin NEWS編集長の本田氏と共に、和歌山のニット産地を巡り巡るツアー。

普段一般の人が見ることのできない、ニット事業者の工場を見学し、ニットを知る、学ぶ、そして体験するというニット好きにはたまらないツアーとなっております。

Begin NEWS編集長とめぐる、ニットが好きすぎる人のための「和歌山大莫小」産地ツアー<12月8日>

南海フェリー ~和歌山・徳島両県のサイクルツーリズム活性化を目指して~ 【深夜早朝便限定】自転車航送利用促進キャンペーンを実施します!!

「アートで結ぶ和歌山市」作品紹介その6

前回に引き続き、昨年度「アートで結ぶ和歌山市」にて、和歌浦に制作されたアート作品をご紹介します。

 

『みんなで笑顔に』

和歌の浦のブランドしらす「わかしらす」で有名なやぶ新さんの壁に制作された作品です。

向かって左側に大漁旗、右側にシャチが描かれています。

この作品の特徴はモチーフや背景の中に描かれた細かなパターン。

作者のainaさんの作風で、全て手書きで制作されています。

ainaさんは今回参加いただいた中では最年少のアーティスト。

この作品の後にも近くに壁画を制作されています。


今後が楽しみなアーティストさんです。

是非併せてご覧ください。

 

「アートで結ぶ和歌山市」特設ページ

https://www.wakayamakanko.com/topics/?p=9059

「アートで結ぶ和歌山市」作品紹介その4・その5

前回に引き続き、昨年度「アートで結ぶ和歌山市」にて、和歌浦に制作されたアート作品をご紹介します。

今回は2作品を一緒にご紹介します。

 

『浦千鳥』

 

『仙人の浦』

 

この2作品は同じアーティストによる作品です。

作者はSHINOZAKI HILOSHIさん。

プロのアーティストで、東京を拠点に活動されている方ですが、和歌の浦を気に入って下さり、毎年、木村屋旅館さんに滞在されて創作活動をされているそうです。

また、木村屋さんに併設のBAR「バグース」にて毎年個展を開催されています。

作品は、その木村屋とそこから程近い和歌浦漁港の建物に描かれた壁画です。

どちらも幻想的な風景画ですが、長年和歌浦に通った経験を基に、実際の景色と空想の景色を組み合わせて創られたそうです。

 

『浦千鳥』

『仙人の浦』

 

また、SHINOZAKI HILOSHIさんは、近くにもう1つ壁画を制作されています。

 

この作品も木村屋さんの壁に描かれています。『仙人の浦』は建物の北側にありますが、こちらはビーチに面した南側です。

『アートで結ぶ和歌山市』とは関係なく、木村屋さんがSHINOZAKIさんに直接依頼されて制作された作品で、先の2作品と同様、美しい海の風景が描かれています。

是非、和歌浦の風景と3作品を合わせてご鑑賞ください。

 

「アートで結ぶ和歌山市」特設ページ

https://www.wakayamakanko.com/topics/?p=9059

「アートで結ぶ和歌山市」作品紹介その3

前回に引き続き、昨年度「アートで結ぶ和歌山市」にて、和歌浦に制作されたアート作品をご紹介します。

 

『波の記憶、光の足あと…』

観光遊歩道にある階段に、モザイクタイルの技法で和歌の浦の水や光を表現した作品です。

作者のウッキー富士原さんが集められたアンティークタイルなどが使われています。

 

ウッキー富士原さんは、和歌山を拠点に活動されているアーティストで、和歌の浦に対しても強い思い入れを持ってくださっています。

 

場所は先述のとおり、観光遊歩道上の階段です。

階段は西向きなので、日差しの向きで見え方が違い、時間を変えて何度も訪れてみたくなる作品です。

 

「アートで結ぶ和歌山市」特設ページ

https://www.wakayamakanko.com/topics/?p=9059

Archive

ページのトップへ戻る

全国中小企業団体中央会から組合等Web構築支援事業の補助金をいただいて作成しております

コンテンツメニュー