イベント情報

友ヶ島第3砲台跡で世界初の”音”の美術館が楽しめます‼

要塞施設をそのまま”音”の美術館にした「友ヶ島第3砲台美術館」が
友ヶ島にオープンしています!

友ヶ島にある歴史的な要塞施設をそのまま美術館に変える試みで、
和歌山市がエイベックス・エンタテイメント株式会社と共同開発した
音声ARアプリ【友ヶ島】を使って楽しむ、世界でも類を見ない”音”の展示にフォーカスした美術館です。
人間の造像力を刺激する聴覚に着目し、暗闇の中に流れてくる音に耳を澄ますという
これまでにない新しい鑑賞スタイルで”音”の作品をお楽しみ下さい。

 

 常設展 
 「サウンドスケール(Sound Scale)」 
                                   第3砲台跡にある物質的には同じ大きさを持つ5つの部屋では、
和歌山児童合唱団による広い、狭い、重さ、踊るなど様々など
様々なアレンジがされた幻想的な動揺が常にループ再生されており、
体験者は、部屋を移動し、聴覚を通じた仮想の方に没頭していくことで、
視覚を通じた現実よりも空間認識の変化を楽しむことが出来ます。    【会期】
水曜日休館
ただし、12月1日〜2月29日は土・日・祝のみ開館/12月29日〜1月3日を除きます。

 

 企画展 
「ヤミツク~くらやみのいきものに関する研究結果展~」
小説家・三崎亜紀さんが書き下ろした”友ヶ島に存在していた
謎の生物・ヤミツクの物語”を題材に、ある博士が
このヤミツクを調査してきた内容を追体験する全く新しい発想の展覧会で、
音声ARアプリから聞こえてくる博士による一人語りに耳を澄ませながら、
各展示室に置かれた調査結果を示すアート作品を鑑賞頂けます。
【会期】
2019年10月3日(木曜日)〜10月31日(木曜日)
※水曜日休館
※運営の都合上、予告なく終了する場合がございます。
  あらかじめご了承ください。

 

※スマートフォン向け専用アプリ「友ヶ島」を起動してお楽しみください。
※イヤホンがあると、周りの音に影響されず、コンテンツをお楽しみいただけます。
※施設は暗く足元も悪いため、懐中電灯をご持参ください。

 

詳細はこちらまでdown.gif
常設展特設サイト(エイベックス・エンタテイメント株式会社)
https://sarf.jp/
企画展特設サイト(株式会社電通ライブ)
https://ymtk.t3fm.jp/
和歌山市特設ページ
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kankou/kankouspot/1001203/1025368.html

 

 【お問い合わせ先】 

 和歌山市観光課073-435-1234 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ戻る

全国中小企業団体中央会から組合等Web構築支援事業の補助金をいただいて作成しております

コンテンツメニュー