和歌山市の魅力を知ってほしい!その想いから
和歌山市では、様々なジャンルの観光発信人が活躍しています。

和歌山市観光発信人のご紹介

おわらい芸人 すみたに

【プロフィール】
すみたにまさとし(兄):1976/06/17
すみたによしひろ(弟):1979/12/27

 ■Portfolio
・和歌山市観光発信人
・ねんりんピック紀の国わかやま2019広報キャラバン隊 隊長
・和歌山放送ラジオ「すみたにの全開水曜日」
・テレビ和歌山「わくわく編集部」出演
・毎日新聞「すみたにのわかやマニア」掲載
・「紀三井寺はやし」CM
・「不動産買取専門ユニバーサル」CM
・TBS「モニタリング」出演

【和歌山市の好きなところ】
 和歌山城・加太・やはり“ぶらくり丁”

【メッセージ】
 和歌山市観光発信人の兄弟お笑いコンビ「すみたに」です。
 生まれ育った和歌山市。子供の頃から沢山の思い出があります。
    海も山も美味しい物やオシャレなお店、ノスタルジックなお店、
 新しいものと歴史あるものが共存する全国に自慢できる街です。
 僕達を育ててくれた和歌山市に戻り、お笑いを出来る幸せを日々感じています。
 これからは和歌山市に恩返しできるよう、
 「和歌山市って凄い良いとこなんだよ~」と、
 自信を持って皆さんに大きな声でお伝えしていきたいと思います♪

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ブログはこちら

平井 秀輝

【プロフィール】

平井 秀輝(ひらい ひでき)
昭和35年 5月7日生
昭和61年 3月 東京大学大学院工学系研究科土木工学専門課程修了
昭和61年 4月 建設省採用
平成 6年10月 建設省関東地方建設局河川部河川計画課長
平成 9年 4月 建設省河川局河川計画課長補佐
平成12年 7月 人事院短期在外研究員(英国環境運輸地域省派遣)
平成13年 4月 国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所長

平成16年 1月 内閣府政策統括官(防災担当)
平成18年 7月 国土交通省河川局治水課河川整備調整官
平成21年 7月 国土交通省総合政策局事業統括調整官
平成23年 7月 内閣官房内閣参事官(安全保障・危機管理)
平成25年 7月 国土交通省九州地方整備局企画部長
平成27年 4月 国土交通省水管理・国土保全局防災課長

平成28年 6月 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課長

平成29年 7月 国土交通省四国地方整備局長

現在       国土交通省 大臣官房 海外プロジェクト審議官

【和歌山市の好きなところ】

 紀の川

【メッセージ】

 和歌山市観光発信人の平井 秀輝です。

 和歌山市から観光発信人の委嘱を頂きとても嬉しく思っております。

 現在は和歌山市から離れて仕事をしておりますが、

    仕事柄様々な地域の方と接する機会が多いので、

    豊かな自然と歴史、文化に恵まれた和歌山市の良さを微力ながら

    発信していきたいと思います。

わんだーらんど

【プロフィール】

 芸人

 結成年月:2006年4月
 出身/入社/入門:NSC大阪校29期

【メッセージ】

和歌山市観光発信人のわんだーらんどです。

向陽高校で出会い青春時代を過ごした和歌山市の観光発信人になれて最高です!
和歌山市は和歌山城がある城下町。それだけでも全国に誇る街ですが、和歌浦に片男波などの景勝地や、加太の鯛、和歌山ラーメンなど美味しいものもいっぱい♬
もちろん僕らの漫才や、笑いの力で和歌山市のPRします!
皆さん応援よろしくお願いします!

(たにさか)
和歌山市観光発信人のわんだーらんど・たにさかです!

向陽高校で出会い青春時代を過ごした和歌山市の観光発信人になれて最高です!
和歌山市は和歌山城がある城下町。それだけでも全国に誇る街ですが、和歌浦に片男波などの景勝地や、加太の鯛、和歌山ラーメンなど美味しいものもいっぱい♬
もちろん僕らの漫才や、笑いの力で和歌山市のPRします!
皆さん応援よろしくお願いします!

(まことフィッシング)
和歌山市観光発信人のわんだーらんど・まことフィッシングです!

和歌山市観光の目玉の一つとして外せないのは、釣りだと思います!!芸人まことフィッシングが釣り歩いた市内の釣り場を、県外の皆さんにどんどんPRしていきたいと思います。釣りに来てください!

  • facebook
  • twitter

古都 清乃

【プロフィール】

 歌手

【メッセージ】

 和歌山県と御縁が出来たのは、昭和43年。

 恩師である吉田正先生作曲の「和歌山ブルース」「串本育ち」を発売して頂き、新曲キャンペーンの為初めて和歌山市、串本町を訪れました。

 和歌山ブルース新曲発表会も兼ねて、ぶらくり丁商店街あげての応援を頂き、発表会は大成功、その時初めて出会った方が今でもずーっと応援し続けて下さっております。

 ふるさと群馬県に帰るよりも和歌山へ行く回数が多い程です。まず感じたのは、和歌山の人の心の暖かさ、人情味がある、方言の響きの良さ、関西弁とはまた少し違った味わいのある言葉、今でも和歌山の人とお電話で話したりすると、つい出てしまいます。「そんなん気にせんでええわして」とか「これどーよ、ええやろー」等々話していても楽しくて、それとやっぱり和歌山みかんは最高、石鯛、ハモ。私が和歌山へ行ったら必ず食べるもの、小鯛のささ寿し、南高梅はいうまでもなくあげたらきりがない。仕事柄私は全国へ参りますが、和歌山ブルースの古都清乃さんですねと必ず言われます。古都清乃イコール和歌山(ブルース)これからも全国で和歌山を和歌山の良さを伝えていきます。

山口 智世

【プロフィール】

歌 手   山 口 智 世
(奈良県やまとこおりやま観光PR大使・有田川町観光大使・わかやま応援団・和歌山市観光発信人)

 3歳よりクラシックバレエと歌(歌謡曲、演歌)で舞台に立ち、ちびっこのど自慢をはじめ、ソニーオーディションなど数々の大会でグランプリ受賞。
市川昭介氏、星野哲郎氏、伊藤雪彦氏、たきのえいじ氏、徳久広司氏より受賞し、音楽会社や芸能事務所からスカウトをされるが、高校、大学進学のため関西にとどまるも大学生歌手として、大阪厚生年金会館にてデビューコンサート。
 また、歌を唄ってのボランティア活動(刑務所、更生保護施設、障害・老人施設など)を8歳の頃より今現在も続け、和歌山県・市や社会福祉協議会より数々受賞。
 大学では法学部で法律の勉強をしながら、和歌山県観光キャンペーンガール、建設省(国土交通省)キャンペーンガール、和歌山市女王アゼリアクイーンなどに選ばれ、県知事・市長と共に和歌山発展のPRをする。
★現在、和歌山県より「わかやま応援団」、和歌山市より「和歌山市観光発信人」に任命される。
★奈良県大和郡山市より「やまとこおりやま観光PR大使」第一号に任命され、平城遷都1300年祭はじめ、全国金魚すくい選手権大会テーマソングを歌い全国にPR活動中。
★和歌山県有田川町より有田川町観光大使に任命。全国棚田サミットが有田川町で開催されテーマソングを歌う。

国、県、市のキャンペーンガールで全国に観光PR活動をし、また国の機関に勤務していた経験により、和歌山県や他の県よりスカウトされ、市や町村のテーマソングを歌い、行政の式典やイベント、市町村の祭り、警察、自衛隊、刑務所などの式典を中心に観光大使として全国で活動中。

和歌山には沢山素晴らしい観光スポットがございますが、わたくしのオリジナル曲の中で、「友ヶ島情話」という曲があり、夕日が美しい加太、そして紀淡海峡に浮かぶ島で砲台跡が残り土木遺産に認定されている友ヶ島に船で渡る事ができ、ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」のような美しい島です。散策や釣り、キャンプなど楽しんで頂ければと思います。

【メッセージ】

私が生まれ住んでおります和歌山市より観光発信人の委嘱いただき嬉しく思います。
長く観光大使として活動している中で、いろいろな式典にお招き頂く事が多いため、他府県や海外の方とふれあうことも多く、微力ではございますが、 今までの経験を活かし、これまで以上に和歌山の魅力を全国にPR発信させて頂きたいと思います。

宮本 静

【プロフィール】

宮本静 みやもとしず

島根生まれの紀の川育ち、粉河高校出身。NHK-BS「勝ち抜き歌謡選手権」チャンピオンなど多くのカラオケ全国大会での受賞を経て、2010年CDデビュー。3オクターブの音域、ジャズやゴスペルも歌う演歌歌手として、大阪や東京でも歌う。15年、「我が名は青洲」で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。「新宮ブルース」「三熊野物語」など、紀州・和歌山の歴史と文化を歌謡で綴る”ふるさと癒やし歌”は全20曲。18年12月、ファーストアルバム紅白盤2枚同時に全国発売。和歌山放送ラジオ「静のふるさと癒やし歌」毎週月曜19時から放送中!和歌山市観光発信人。

【和歌山市の好きなところ】

休暇村紀州加太から見る紀淡海峡

  • facebook
  • twitter
  • ブログはこちら

アントニー クミンズ

【プロフィール】

Antony Cummins アントニー・クミンズ
1978年イングランドのオールダム出身。マンチェスター大学修士課程修了。考古学で修士号取得。現在、イギリス在住。作家、歴史研究家、イラストレーター。
幼少時代から忍者に興味を持ち、20代の頃、日本で武術を学ぶ。2006年より忍者に関する研究を始め、現在に至る。The Historical Ninjutsu Research Teamを主催し、日本の古文書を英訳出版する活動を続けており、忍者研究を中心に史料に基づいた侍文化を世界に向けて発信している。2016年、和歌山市長より和歌山市観光発信人に任命される。

私は有名な忍者である名取三十郎正澄の墓石を発見し、それを確かめるために和歌山市に向かい、恵運寺にたどり着きました。それ以来、和歌山市と私の繋がりは素晴らしい関係になってきています。和歌山市は日本での私の心の居場所だと思っています。私はしばしば、徳川頼宣に仕えた名取三十郎正澄(一水先生の名でも知られています)の時代に彼がまさにこの場所を歩いたのだろうと想像しながら、ライトアップされた夜の和歌山城を散歩します。私にとっては、彼が有名な忍術書『正忍記』を記したその場所にいるということが夢のようです。和歌山市は、これからもずっと日本滞在中の私の大切な本拠地となるでしょう。

【メッセージ】

和歌山市の観光発信人のアントニー・クミンズです。
江戸時代、紀州和歌山は、たいへん大きな力を持つ都市の一つでした。そして、現在、和歌山市は、現代の日本人が失われた侍の世界を再発見できる場所です。世界中の人たちが豊かな歴史のあるこの土地で楽しめる場所にしていきたいです。そして、私はこう言うのです。「和歌山市へようこそ!和歌山市を訪れことで、あなたの人生が豊かになりますように!」

  • instagram
  • ブログはこちら
No image

今井 丈二

【プロフィール】

 昭和32年9月30日生まれ

 神戸市出身 元海上保安官

 【主な経歴】

 平成22年12月~ 和歌山海上保安部長

 平成24年6月~  水島海上保安部長

 平成26年4月~     釧路海上保安部長

 平成27年4月~  横浜海上保安部長

 平成29年4月   海上保安庁退職

 現在は古野電気㈱東京支社に勤務

【和歌山市の好きなところ】

 和歌山城、和歌の浦温泉、番所庭園、片男波海水浴場

【メッセージ】

 和歌山市観光発信人の今井丈二です。

 過去に勤務したことのある和歌山市から観光発信人を委嘱頂きありがとうございます。

 私は海上保安庁に勤務しておりましたので全国に転勤していました。

その中で平成22年12月から平成24年6月までの期間和歌山市に在住しました。

 和歌山市に僅か1年半しか住んだことのない私ですが、反対にその短期間もうちにできるだけ和歌山市を堪能するため、休みの 日は至るところに観光に行っておりましたので、却って和歌山市の良さが判ったのではないかと思っています。

 特に仕事柄海を眺めるのが好きで、しかも和歌山市から見る海は大変美しいことから、暇さえあれば和歌の浦に行き、温泉に浸かり海を眺めていました。

 また海に突き出た番所庭園も大変美しく、ここも私の好きな場所でよく行っていました。

 さらに和歌山市には友ヶ島灯台、雑賀崎灯台がありますが、これらの灯台を管理しているのは私が勤務していました和歌山海上保安部ですので、これらの灯台の良さも宣伝していきたいと思っています。特に友ヶ島灯台は明治初期に建設された歴史的建造物でもあり、また、どちらの灯台からの眺望も素晴らしいです。

 これからも和歌山市の良さを私なりに発信できるよう頑張っていきたいと思います。

 皆さん、よろしくお願いします。

No image

岩谷 泰幸

プロフィール】 

大阪商船三井船舶㈱(現商船三井)に約8年間勤務後1980年㈱アマダに転職。1981年から米国駐在、1985年5月本社帰任。海外物流・海外管理等の業務に従事。
米国(シカゴ、NY)、オーストラリア(シドニー)、シンガポール、香港、台湾、韓国、中国(6都市)等の現地法人や事務所設立に参画。
中国ビジネスとの接点は米国駐在から帰任後の1986年、北京市の国有企業との合作事業から。それ以降継続して現在まで中国ビジネスに携わる。
海外事業本部部長などを歴任後2002年9月自己都合で退職。在職中から講師として横浜国立大学や各種団体で「中国の現況」を講演と講義。
2004年から大栄製作所(㈱吉岡会長の支援で設立された㈱ビッグローリー社長として、中国ビジネス関連の日系企業の経営支援、企業幹部のセミナー、各種講演会や市民講座などの講師及び新聞社主催のパネリストを務める。
2007年10月、和歌山市経済戦略委員会委員長に就任。2008年、和歌山市観光発信人に選ばれる。
2013年末から、希望者にメールでの情報提供に特化、2015年からは完全年金受給者。
但し、企業、学校や団体への講演は依頼があれば引き受けている。
       —————————————————————
「 横顔 」—2018年9月現在
身長  : 171cm  体重:65kg 

趣味  : 将棋(四段) ボクシング(厚木ワタナベ・ボクシングジム顧問)
歌唱(英語、スペイン語) 都都逸/手品/落語/瞬間芸などの余興  

座右の銘:「一期一会」「着眼大局、着手小局」「馬上を降りて花を観る」
「かけた情けは砂に書け、受けた恩は石に刻め」

著書  :「そんな中国、こんなチャイナ、そして日本」「同パート2」「同パート3」

その他 :読売新聞「旅のノンフィクション大賞」(アマプロ参加)エッセイ部門入選
(2000年)/ 紀州備長炭による作品つくり(2002年出展)
大学生時代に1年間米国遊学 

肩書き :2018年9月現在 無給の「海外特別顧問」や「顧問」が数社。
     基本的には年金受給者で肩書無し

【メッセージ】

 年に2度帰郷しますので、その都度旧友(前市長を含む)との宴席で少額を故郷に落としています。
定宿は新和歌の浦の「木村屋」です。一番好きな場所は和歌の浦近辺と加太です。
他に、関東に住む友人たちに「紀州・和歌山市の良さ」をアピールしています。
数年前、星林高校のOBによる「先生役」を仰せつかりましたので参加しました。

No image

土井 義宏

【プロフィール】

 関西電力㈱ 取締役 副社長執行役員 送配電カンパニー長

【和歌山市の好きなところ】

 黒潮市場

【メッセージ】

 和歌山支店長(当時)を退任する際に観光発信人を委嘱頂きました。

 以来、プライベートでもよく和歌山には出かけますが、史跡や観光スポットだけでなく、

美味しい食材も多く、毎回楽しませてもらっています。

 微力ながら、情報発信に努めたいと思っていますので、宜しくお願いします。