和歌山市の魅力を知ってほしい!その想いから
和歌山市では、様々なジャンルの観光発信人が活躍しています。

和歌山市観光発信人のご紹介

次田 尚弘

【プロフィール】
和歌山市出身。慶大在学中、地域情報化により中心市街地活性化をめざす「さんぽみちプロジェクト」を主宰。2011年、市観光発信人委嘱。卒業後も活動を継続。市観光協会と連携し、和歌山県観光連盟わかやま応援館(岡山市)を開設し館長に就任(2013年)、和歌山フリーWi-Fi環境整備(2014年)に取り組む。NPO法人和陽文化振興会理事長、西日本電信電話株式会社勤務(現職)。

【和歌山市の好きなところ】
和歌山城(天守から眺める豊かな和歌山市)

【メッセージ】
和歌山市で生まれ育ち、進学のため上京しましたが、地元を元気にしたいという想いから地域情報化の研究フィールドを和歌山市とし、様々な社会実験を実施させていただきました。ご協力頂きました市民の皆様に御礼申し上げます。
和歌山市は歴史、文化、景観、食をはじめ魅力が沢山あります。それらを地域の中に閉じ込めず県内外へ発信し、世界中の方々にお越しいただき更に魅力を拡散いただくことで、和歌山市はその魅力に磨きをかけられるものと考えています。
微力ながら、情報通信を通じ、和歌山市の発展に貢献できるよう精進して参ります。

  • facebook

田中 理恵

【プロフィール】

6月11日 和歌山県生まれ。
日本体育大学卒業、同大学大学院修了。
女子体操選手としては大柄な身長157㎝の長身と長い手足を生かした美しい演技を持ち味として活躍。
ロッテルダム世界選手権(2010年)にて、日本女子初の『ロンジン・エレガンス賞』を受賞。全日本体操競技選手権大会(2012年)女子個人総合優勝、NHK杯体操競技(2012年)女子個人総合優勝など輝かしい実績を残す。
ロンドン五輪(2012年)にも同じ体操選手である兄の和仁選手、弟の佑典選手とともに出場。兄弟3人揃っての五輪出場は日本代表史上初の快挙。
現在、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事を務め、様々なスポーツイベントやテレビ番組への出演など、多岐にわたって活動している。

【メッセージ】

和歌山市は自然がいっぱいで、人も場所も温かい雰囲気が大好きです!

 

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ブログはこちら

田中 佑典

【プロフィール】

田中佑典(たなかゆうすけ)
1989年11月29日生まれ
体操競技選手
(2012年ロンドンオリンピック男子団体総合銀メダル・

 2016年リオデジャネイロオリンピック男子団体総合金メダル)
紀伊幼稚園→紀伊小学校→紀伊中学校→和歌山北高校→順天堂大学→コナミスポーツ株式会社

【和歌山市の好きなところ】
和歌山城。

小さい頃に遠足や花見で何回も行き、その壮美な姿に見とれた思い出があります。

特にオススメは春の夜。夜桜と和歌山城のコラボレーションはまさに絶景です。

時間を忘れて見ていたい!!

【メッセージ】

地元和歌山市。自然が豊かで空が広く、山の幸や海の幸は最高に美味しい。もし地元じゃなかったとしても和歌山市を好きになっていたと思います。私も知らない和歌山市の魅力はまだまだある!和歌山市の魅力を知って味わいに行きましょう!!

  • twitter
  • instagram

田中 和仁

【プロフィール】

 体操競技(ロンドンオリンピック 団体銀メダル)

 和歌山北高校~日本大学~徳洲会体操クラブ

【和歌山市の好きなところ】

 グリーンソフトが大好き!(帰省時には絶対食べます)

【メッセージ】

 和歌山市観光発信人の田中和仁です。

 和歌山市より観光発信人を委嘱いただき嬉しく思っています。

 皆さんに和歌山市をもっと知って欲しいという気持ちと、

 私も和歌山市をもっと知りたいという気持ちです。

 昔からの魅力や新しい魅力!

 皆さんと一緒に再発見・新発見していきたいと思います。

 よろしくお願いします。

 

嶋谷 泰典

【プロフィール】

 1960年1月、大阪市平野区生まれ。大阪府立生野高校を経て1983年大阪大学法学部卒業。同年毎日新聞社に入社し、29年間編集局に所属。記者として最後の勤務が、2008~12年の4年間務めた和歌山支局長だった。総合事業局次長、広告局長を経て18年3月、繰り上げ定年退職した。
同年4月から、大阪大学共創機構副機構長(広報担当)・特任教授。学内のコンテンツを総合的に融合しながら、企業、自治体、市民団体などとのパイプを広く深くすることに従事している。和歌山阪大会会員。09年から10年連続で、新宮「お灯まつり」に参加した

【和歌山市の好きなところ】

城北橋から見える市堀川の風景。東側をながめると、「かに道楽」の看板が見えて、特に夜景では大阪・道頓堀にいる錯覚に酔いしれる。橋南東詰めに立たれるお不動さんの像は、通常の不動明王の怒りが薄く、とても可愛らしい。前を通るたびに、安寧を祈っていた。反対に西側を向けば、向こうの川の角に小さな三角屋根の二階建てマンションが見える。ここを下宿として、私の4年間の素晴らしい生活が繰り広げられた。
「濱口梧陵・稲むらの火」の故事を伝える広川町には、津波防災教育センターとして「稲むらの火の館」がある。ここのシアターでは、津波防災啓発ビデオが流れている。既にその3Dビデオは「代替わり」しているが、かつての映像では、この市堀川の遊歩道でデートするカップルが大津波に襲われ、私の住んでいた三角屋根も飲み込まれた。東日本大震災発生前の映像だ。津波の恐ろしさ、警戒を生々しく世界に呼び掛けていたともいえる市堀川だ。

【メッセージ】

和歌山市観光発信人を2012年から務めさせていただいている嶋谷泰典です。直前の4年間、毎日新聞和歌山支局長を務めていた関係で、任命いただきました。
大阪出身ながら、ほとんど和歌山に縁のなかった私ですが、ありきたりの表現ではありますが、まさに第二の故郷となっています。令和改元の「10連休」のうち、1泊2日と2泊3日の計5日間を和歌山で過ごしたことでも、その愛着ぶりを感じていただけると思います。
和歌山在任中、コラムを毎週書かせてもらいました。中身はさほど誇れませんが、そのコラム集のタイトルが気に入っています。「和歌山にどばりこむ」。まさに、どばりこませていただきました。1冊を和歌山市民図書館に所蔵していただいていますので、お手にとってもらえれば幸せです。表紙を描いてくださった根来の画僧・牧宥恵さんの絵をぜひご覧いただきたいです。
よく人から「何でそれだけ、和歌山にほれ込んだんですか?」と尋ねられます。食もお酒も自然も「どえらい」ものばかりですが、何といっても「温かい人柄」です、と応えています。そんな魅力を、末席の観光発信人として伝えて参りたいです。
新聞社退職後、母校の教員になって、大学と社会・企業との橋渡しをする仕事をいただいています。この延長で、ますます和歌山との橋渡し役に徹したいと考えております。

 

  • facebook

牧山 純子

【プロフィール】

東京都出身。
3歳からピアノ、4歳よりヴァイオリンを始め、海野義雄、大谷康子に師事する。武蔵野
音楽大学卒業後フランスで研鑽を積み、帰国後ソリストとして新宿オペラシティ、草月ホー
ル等多数コンサートに出演。
2002年バークリー音楽大学に入学しジャズヴァイオリンを専攻する。在学中にデイビッド・フォスターやスティーブン・タイラー(エアロスミス)とも共演。
2008年11月19日ポニーキャニオンより自身のアルバム『ミストラル』でメジャーデビュー。
2009年フジTV系月9の人気ドラマ「BUZZER BEAT~崖っぷちのヒーロー~」の音楽を担当。
2014年6月4年半ぶりにアルバム「月虹」をリリース。 ジャズシーンのみならずテレビ情報ライブ『ミヤネ屋』のコメンテーターやバックメーカー キプリス フライヤーズスタイルのアンバサダーを務める。
2017年11月15日にデビュー10周年記念アルバム『ルチア〜スロベニア組曲』を初のセルフプロデュース作品としてリリース。この作品で、スロベニアと日本の音楽で架け橋になった功績が認められ、ジャズジャパンアワード2017の特別賞を受賞。
2018年4月より全国コミュニティFMで放送される番組「牧山純子 サウンドマリーナ」スタート。番組の中で「和歌山市」を取材、紹介してくれている

【和歌山市の好きなところ】和歌浦

 万葉集の時代から風光明媚な景勝地として知られ、静けさとともに眼に映る情緒ある風景には感動を覚えます。いつも耳を酷使している私にとって至福の地です。静けさに身を浸してこそ見えてくるもの、感じられるものがあります。時おり私は、和歌浦を覆う清逸な空気に包まれに訪れたくなります。

【メッセージ】

 和歌山市観光発信人に委嘱していただきましたヴァイオリニストの牧山純子です。
以前からコンサートやライブで和歌山にお邪魔しておりました。この度、和歌山の企業のお力添えによりスタートしたラジオ番組「牧山純子 サウンドマリーナ」により新たなご縁が生まれました。これまでの音楽活動に加えて、最近は番組取材として和歌山の素晴らしさや面白さを、地元の方々へのインタビューを交え全国発信しております。

 最初このお話をいただいた時は、東京生まれ東京育ちの私で良いのかと思う気持ちもありました。でも和歌山を訪れる機会が増え、多くの方々と出会うことでまた新たな和歌山の良さを得るのです。職業柄、演奏で様々な土地に行くことがありますが、外から訪れるからこそ感じるその土地の良さもあります。私は外部の人間である自分が感じる和歌山を私のコトバでお伝えすることに意味があるのだと思うようになりました。和歌山には歴史、神、自然、美味など人生や心が豊かになるコトやモノがたくさんあります。

 音楽は五線紙にある音符を世界共通語として会話しています。この共通語は決して争いも起きない素晴らしい言葉です。私の感じる和歌山を音楽を通して皆さまと共有していけたらと思っております!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ブログはこちら

岡本 高英

【プロフィール】

 岡 本 高 英(おかもと こうえい)

 1972年1月27日
 身長180cm・体重85kg
 B100・W86・H100
 早稲田大学第1文学部英文科卒業
 資格・特技:速記、普通自動車免許

 【芸暦】
  文学座演劇研究所研究科 卒業
  円演劇研究所専攻科 卒業
  声優としては、故 黒沢良氏に師事。
  演技トレーナー、演出としても活躍中。
  日本新劇俳優協会会員
  商業演劇、小劇場、新劇、ミュージカルなど、数多くの舞台に出演して、

  老若男女、様々な役を演じてまいりました。
  新劇的なテクニックとマイズナーテクニックを駆使し、洋ものや和もの、

  古典から現代劇、

  様々な作品に対応して、演劇的なダイナミックな演技、映像的な繊細な演技を

  使い分けていきます。
  ≪TV≫
  NHK 大河ドラマ「篤姫」 伊藤博文(俊介)役
  「一日三回食後に服用」 看護士役   etc
 《映画》
 「あぁ、ひめゆりの塔」 負傷兵役 etc.
  《CM》
  TOYOTAカローラウェブサイト「新しい尺度」
  テレフォンメガネ etc.
 《ラジオ》TBS ラジオドラマ「たそがれラビリンス」 etc.
 《舞台》
 (今までの主な出演)
 ・オフィスワンダーランド
  「デモクラティアの種」(主演 南方熊楠役)、「奇妙なり」(主演 岡本一平役)、
  ・Live Up Capsules 「明日へ行く」(主演 仁科芳雄役)、「線と油絵具」
  ・G.H.FACTORY 「楽園の東」(菊池一寛作、たんじだいご演出)シアターモリエール
  ・STEPS  「ヴェローナ物語」 紀伊國屋サザンシアター、ほか地方公演
    「boy be…」 新百合ヶ丘テアトルジーリオ     (作・演出 横山由和)
  ・ハートフルハンド  「新しい風をあなたに」(石森史郎作、演出) 三越劇場
  ・TYPES 「ウインザーの陽気な女房たち」(パク・パンイル演出)シアターX
   「12人の怒れる男」(パク・パンイル演出)シアター風姿花伝
  ・プロジェクトS「Full house」ニューヨーク チノシアター
  ・日本演出家協会選抜 演劇キャンプin中津川 「絵本太功記」岐阜県中津川 常盤座 他多数                                       

【和歌山市の好きなところ】

 和歌山城

【メッセージ】

 和歌山市観光発信人の岡本高英です。

 故郷和歌山市から観光発信人を委嘱いただき、誠に感謝しております。

 私は現在、東京で舞台俳優をしております。和歌山市で培われた心と身体があってこそ、今、舞台で元気に自由に演技できていると思います。昨年、和歌山市で主演公演をやらせていただきましたが、懐かしい和歌山市の自然や食べ物、皆様の暖かい声援とお心は格別でした。

 私の原点、源である、和歌山市の自然や食べ物、そして、和歌山市の皆さんの温かい心を、たくさんの人々に知っていただきたい。

 観光発信人として、私なりに精一杯、和歌山市の素晴らしさを伝えて参ります!!!

  • twitter
  • ブログはこちら

清水 理子

【プロフィール】

○ アイドルグループ「虹のコンキスタドール」メンバー

 出 身 :和歌山市
 出身校 :桐蔭高校
 生年月日:1997年1月28日(22歳)
 所 属 :ディアステージ
 レーベル:キングレコード
 略 歴 :2015年8月 1日 81momentメンバーとしてアイドル活動開始
      2017年1月 9日 虹のコンキスタドール正規メンバー昇格
      2018年5月18日 映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』の

               主題歌『Colorful〜あなたといた時間〜』でソロデビュー。

  • twitter

大河内 美紗

【プロフィール】

 SDN48 1期生。
 第62回NHK紅白歌合戦に出場。
 和歌山国体のために書き下ろした楽曲『ミライ地図』をChuriStaとリリース。
 アイドルグループ『R』のメンバー。
 紀州らーめんアンバサダーも務める。

 全国各地のTV・イベント・余興・司会など幅広く活動。

 趣味は湯めぐり(温泉ソムリエ)・民謡・ゴルフ・ラーメン屋めぐり
 特技は詩吟(師範代・五段)

【和歌山市の好きなところ】

 番所庭園、和歌山城🏯

【メッセージ】

 わたしが生まれ育った大好きな和歌山。
 少しでもみなさまに素敵な和歌山市を知っていただくお役に立てればと思っております。
 海の近くでお魚料理がとても新鮮です!

 美味しいお店がたくさんな和歌山のらーめんは絶品^_^
 なれ寿司もぜひご一緒に召し上がってくださいね♪
 そして自慢の温泉でゆったり癒されてください。

 自然豊かで美味しい和歌山市。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております^_^

  • twitter
  • instagram
  • ブログはこちら

安田大サーカス HIRO

【プロフィール】

 お笑いトリオ・安田大サーカスのメンバー。1977年4月20日生まれ、和歌山県和歌山市出身。
中学卒業後、大相撲の世界へ。中村部屋に入門し1993年に初土俵を踏む。引退後、漁師・トラックドライバーを経て、芸能の世界へ。
2001年に安田大サーカスを結成
2012年に和歌山市観光発信人に委嘱。
2017年には、映画「THE OUTSIDER」でハリウッドデビュー。
2017年6月に脳出血により入院をするも奇跡的な回復で、半年後に復活を果たす。
現在は和歌山を拠点にし、テレビ・ラジオ・イベント出演と全国を飛び回っている。

【メッセージ】

皆さん初めまして和歌山市観光発信人の安田大サーカスのHIROです。
和歌山市の代表的なグルメは、私的には和歌山ラーメン!醤油とんこつの癖に成る味です。
それと一緒に早寿司(サバの押し寿司)も最高。
早寿司と和歌山ラーメンのスープを一緒に食べたら格別なんです!
凄く凄く美味しい!和歌山に来たら和歌山ラーメンはオススメです。

観光も凄くオススメで、歴史も有るし和歌山城の動物園なんか無料で行けるのです。
ツーリングにもオススメなポイントがあります。
加太や雑賀崎やマリーナシティなど、色々オススメがあります。
私は常にツーリングやグルメ場所でウロウロしてますので和歌山市に来たらHIROを探す旅もプランに入れてみてどうでしょうか?笑
皆さんの和歌山観光旅をお待ちしてます。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ブログはこちら